読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hack & Sports

Microsoft エバンジェリスト&トライアスリート 大田 昌幸の個人ブログ

サービスで使用するデータの保存先は Azure Storage を使いましょう

Azure Technology

案件でデータの保存先に関するご質問をいただくことが多いため、ブログにまとめました。案件ごとにご質問が異なるため、それをここにまとめれば、色々な方の役に立つはず。

 

データの保存先はAzure Storage

Microsoft Azure にはデータを保存するサービスとして Azure Storage があります。Azure Storage には下記4つのサービスがあります。

  • Azure Blobs
  • Azure Tables
  • Azure Queues
  • Azure Files

それぞれ解説したいところですが、本投稿では案件でご質問の多い Azure Blobs に的を絞って説明します。

 

 

ファイルの保存先は Azure Blobs

Web アプリをはじめとした独自サービスでは、HTMLファイル、動画や画像などのファイルを保存する場所が必要です。その保存先としては Azure Blobs を活用してください。

 

ユーザーが動画/画像などのファイルを日々アップロード/視聴するアプリをはじめとした、大量のデータを扱うサービスの基盤に最適です。その理由をいくつか挙げてみます。

  • 自動的にスケールするため管理が楽
  • データの多重化できるので、データ損失対策ができる
  • アクセスが高速
  • 柔軟なアクセス制限ができる
  • アプリケーション開発するための API が充実している

 

Azure Blobs はスケーラブルなストレージサービスなので、ユーザーが大量のデータをアップロードしたとしても、管理者側で仮想ディスクを追加したり、マシンを追加する必要がないです。

 

また、複数のデータセンターにデータを同時に保存できるため、データ損失対策も楽にできます(設定1箇所変更で OK です。)

 

アクセスは非常に高速で、ソチオリンピックのストリーミング配信にも活用されており、動画などの大きなファイルを扱うサービスでも活用できます。

性能の指標としては、最大受信速度は 5 ~ 10 Gbps、最大送信速度は 10 ~ 15 Gbps です。そのほか、最大サイズなどストレージの魅力的な性能についてはこちらを参照してください。

 

このファイルは、このユーザーからしかアクセスさせたくないというように、アクセスコントロールすることができます。

 

Blob Storage のデータは REST API 経由で操作できるため、どの言語でも呼び出しができ、アプリケーション開発者にとって便利です。

 

Azure Blobs を使用し始める

Blobs の魅力をご理解いただいた上で、実際に使用を開始してみましょう。

  1. Azure のストレージアカウントを作成しましょう。
  2. このページを参照して、Blob Storage へプログラムからアクセスしましょう。様々な言語でのサンプルがあるため、参考にしてください。

 

Azure のアカウントをお持ちでない方はこちらから無料評価版を作成してください。

料金については、こちらを参照してください。